Equipment list

The equipment / gear / kit list follows the simple principle that safety comes first.

  • What you carrying while running:  small first aid kit for blisters / cuts, sprains etc; warm clothing for after you finish running (and should you need to stop), protection from sun, wind, cold; food enough for the day and water container. We run from 800m to over 5000m so need to be prepared for all temperatures.
  • What is carried for you: Sleeping stuff, fresh clothes, anything else you want to bring (respecting at strict 10kg weight limit per person).

Much can be bought or rented in Kathmandu and expensive equipment is not always necessary. Contact if you have questions.

Running clothing

  • Trail running shoes – good grip, half to full size bigger than normal for toe movement, tried and tested.
  • Socks – two pairs can be enough. I will buy many pairs of Chinese sports here in Thamel socks for ~$1 and discard a pair every day.
  • Shorts – may be slightly warm for tights on the first few stages
  • Running tights – will be slightly cool for shorts on the higher stages
  • Underwear
  • Wicking t-shirt – ideally has a collar to protect your neck from the sun. Merino recommended – see this.
  • Thin fleece top
  • Thin gloves – for early starts. Windproof gloves ideal for crossing the pass should it be windy. Uncool windproof gloves can be bought here in Thamel for $4. 
  • Windproof top – something light and small is ideal
  • Cap or sun hat – sun is strong at altitude. I use an uncool wide brimmed hat which can be tilted to the sun’s direction to avoid applying suncream to ear’s and neck. A buff  can also be useful.

Other running equipment to be carried

  • Rucksack – around 10-20 litres with chest strap. Test before using! Needs to be big enough for the following items…
  • Waterproof sack or cover – rain is very unlikely, but not impossible.
  • Bladder or water bottles – two or three litres. Wide mouthed bottles can be easier to fill and drink from while breathing heavily. Water provided at a checkpoint each day.
  • Water purification tablets for ad hoc water stops
  • Survival blanket – (available in Kathmandu ~$6)
  • Headlight – with spare batteries
  • Map (provided)
  • Whistle (usually on pack)
  • Suncream – sweat-proof sports suncream according to your needs.
  • Energy bars / gels – bring according to your preference. A simple packed lunch will also be provided which includes a muesli bar, dried fruits, boiled egg, yak cheese, piece of fresh, seasonal fruit, Tibetan bread or chapatti. Carry enough spare calories to cover a full day moving until the evening meal. (You can also order any extra meals at the end of stage hotel as you desire and pay on ordering.)
  • Sunglasses
  • Post race clothing – on finishing, you will get cold between your fast finishing time and the time it takes porters to arrive with your packed bag. Thus you need to run with some warm clothing with you:
    • Dry t-shirt / thermal top
    • Fleece jacket
    • Warm hat
    • Down jacket (recommended)
    • Fleece pants  / thermal underwear
    • Dry socks, underwear
  • Simple first aid kit – again everything can be found here in Kathmandu at low cost
    • compression bandage
    • pain killers (not Ibuprofen or NSAIDs)
    • wound cleaning kit
    • alcohol sanitizer gel for hands
    • sling (of buff)
    • emergency space blanket
    • ORS sachets
    • an energy gel
    • blister kit (white tape etc)
  • Money – Small bills if you need to buy drinks or food items on the way.
  • Personal documents – Insurance details, credit card, phone numbers in case of emergency
  • Camera + spare battery 
  • Toilet paper – toilet paper is seldom used in Nepal so carry what you need in a plastic bag. A small bar of soap (like from a hotel) in a plastic bag is also useful to carry.

Carried gear

As soon as possible after waking, you’ll need to pack your bags so that the porters can get moving. We’ve mentioned a limit of 10kg for this carried bag. The reason for this is  simply to make the task of getting your equipment carried from point to point as quick as possible.

Sleeping gear

  • Sleeping bag – we recommend a “3 season” sleeping bag as accommodation is not well insulated and part of our group will sleep in a tent for one night. Better to be warm than cold. Good sleeping bags and be bought or rented cheaply in Kathmandu. For the coldest nights, you can also use down jacket / hat / thermals / emergency blanket should you feel cold. Please also bring a ‘stuff sack’ or ‘compression sack’ to make the sleeping bag as small as possible.
  • Thin sleeping bag liner – cotton liner can be used with hotel blankets in Arughat & Machhakhola as it will be warm. Sleeping bags will be transported to Deng to assist porters to manage this long distance.
  • Earplugs – optional, in case others snore.


  • Hand sanitizer, alcohol gel very important – to minimise risk of catching colds / coughs / stomach problems etc.
  • Bag – we give you a kit bag for the trail which is big enough for everything you need.
  • Sandals / flipflops – for post run. In Kathmandu you can buy Croc lookalikes for a few dollars. They’re not beautiful, but super lightweight and good with socks.
  • Quick drying towel (if you plan to wash)
  • Wash kit – including flannel or facecloth for simple body cleaning.
  • Reading book – optional, lightweight preferably!
  • Camera’s battery / charger. – There is not power available at every stop, so bring a charged spare battery and carry it with you.
  • Other first aid / medication –
    • Medication for stomach problems
    • anti-histamine, eye-drops, pain killers etc
    • Cotton wool for cleaning cuts / wounds + iodine gel
    • Your personal medication
  • Wet wipes – generally useful for quick, easy personal hygienge
  • Oral rehydration salts – salts to aid rehydration. ORS to make 1 litre can be bought in Kathmandu for 10c per pack.
  • Nalgene bottle – or similar (1 litre) for holding hot water
  • Vaseline – for prevention of chaffing and blisters

Other tips

  • Put soap in a plastic bag
  • Bring some of your favorite tea-bags / infusions with you
  • If you have an insulated cup / mug, this is nice for keeping drinks warm



  • 走る時に携行するもの:水泡(靴擦れ)、切り傷、捻挫などに対応できるコンパクトなファーストエイドキット、走り終えた後(または途中の休憩時)に着る温かい衣類、日光・風・寒さから保護するもの、その日に必要な食べ物と水。標高800mから5,000mを越えるトレイルを走るため、そのすべての気候に対して準備が必要です。
  • ポーターに預ける荷物:寝袋、着替え用衣類、その他個人で必要なもの(一人当たり10kg以内厳守)



  • トレイル・ランニング・シューズ:グリップの効くもの、つま先がよく動かせる、普段よりハーフ〜ワンサイズ大きめのもの、履き慣らしたもの
  • ソックス:2足で十分ですが、私は、カトマンズのタメルで、チャイニーズ・スポーツの1ドルのソックスを8足買い、毎日使い捨てにします!
  • ランニング・ショーツ:最初のステージは、タイツだと暑いことを考慮して。
  • ランニング・タイツ:高所のステージは、ショーツだと寒いことを考慮して。
  • 下着
  • 汗や湿気を逃がすようなTシャツ:日光から首を保護する襟のついたものが理想的。
  • 薄手のフリーストップ
  • 薄手の手袋:朝早いスタートのために。峠越えは、風が強いことが予想されるので、風を通さないものが適。デザインを全く気にしなければ、タメル地区でも4ドルほどで購入できます。
  • ウィンドブレーカー・ジャケットー軽くて、コンパクトになるものが理想的。
  • 帽子、キャップー高所では、日差しが強くなります。私は、つばの大きいあまり格好のよくない帽子を使用していますが、日の当たる角度に傾けることによって、耳や首に日焼け止めクリームを塗らなくても済みます。”Buff”も便利です。


  • リュックサック:20-30リットルで、チェストストラップのあるもの。事前に使用して使い心地を確認してください!OMMのようなリュックサックが理想的。
  • 防水のリュックサックまたは防水カバー:雨天は非常にまれではありますが、100%ないとは保証できないので。
  • ブラダー(ハイドレーションバッグ)またはウォーターボトル:2〜3リットルのもの。口の広いものの方が、水を入れる時や、呼吸が荒い状態で飲む時に使い易いです。
  • 浄水用タブレット:村で水を得られるときや、湧き水などを利用する時のために。
  • サバイバルブランケット:カトマンズでも6ドルほどで購入可。
  • ヘッドライト:予備の電池も。
  • マップ:こちらでご用意しています。
  • ホイッスル
  • 日焼け止めクリーム:汗に強いスポーツ用のもの
  • エナジー・バーやゼリーなど:お好みのものをお持ちください。簡単なランチボックスはこちらでもご用意します(ミューズリー・バー、ドライ・フルーツ、ゆで卵、ヤク・チーズ、季節のフルーツ、チベタン・ブレッドやチャパティなど)。夕食時間までの間に、予備のカロリーとして補給できるもの。
  • サングラス
  • レース後の衣類:早めに走り終えた後、ポーターが荷物を運んで来るまでの間に、寒くなってしまう可能性がありますので、温かい衣類は必ず携帯してください。
    • Tシャツ、サーマルトップ
    • フリースジャケット
    • 保温性のある帽子
    • ダウンジャケット(推奨)
    • フリースパンツ、サーマルパンツ
    • ソックス、下着
  • 簡単なファーストエイドキットーほとんどのものが、カトマンズで、安価で購入することができます。
    • 圧迫包帯
    • 痛み止め(イブプロフェン、非ステロイド性抗炎症薬でないもの、アセトアミノフェンがお勧め)
    • 傷口を洗浄するもの
    • 手指消毒用アルコール
    • 三角巾
    • サバイバルブランケット
    • 経口補水塩
    • 水泡(靴擦れ)用のテープ、ドレッシングなど
  • 現金:途中、飲料、食べ物を購入するときのため(小額で十分です)
  • 個人書類:旅行保険、クレジットカード、緊急時の連絡先など
  • カメラ+予備のバッテリー
  • トイレットペーパー:ネパールでは、ほとんど使われていないので、自分が使用する分は、ビニール袋に入れて携帯してください。小さな石けん(ホテルにあるような!)を一緒に持ち歩くのも便利です。




  • 寝袋(シュラフ):「3シーズン用」の寝袋をお勧めします。宿泊施設の断熱材は不十分で、また、一晩、ベッドが足りず、テントで寝ていただくことをお願いする日があります。もちろん寒いよりも、温かい方がいいですから!カトマンズでも、質のいい寝袋がお手ごろに手に入りますし、レンタルも可能。本当に寒い夜には、ダウンジャケット、帽子、サーマル衣類、エマージェンシー・ブランケットなども併用できます。「スタッフサック」や「コンプレッションサック」など、寝袋をコンパクトに収納できる携帯袋も一緒にご用意ください。
  • 薄手のシュラフライナー:アルガート(Arughat)とマチャコーラ(Machhakhola)では、気温が温かいので、ホテルの毛布と一緒にご使用いただくといいでしょう。寝袋は、まっすぐデン(Den)まで運び、長い距離をカバーしなければならないポーターの負担を減らします。
  • ライトウェイト・スリーピングマット:もし、スリーピングマットをすでにお持ちでしたら、ぜひご持参ください。寺院で宿泊する際、マットレスの数が限られています。その他、ティーハウスでも、マットがあると便利な場合もあります。
  • 耳栓:オプションで。いびきで眠れない場合に。


  • バッグ:ポーターに預ける荷物を入れるもの。シンプルで軽量なものが適。このような大きなスタッフサックはカトマンズで5ドルほどで購入できる。
  • サンダル/ビーチサンダル:走り終えた後に。カトマンズでは、EVAサンダル が2−3ドルで購入可。見かけは良くなくても、非常に軽量で、またソックスのままで履くことができ便利。
  • 速乾性のタオル(もし、途中で洗濯する予定なら)
  • シャワー道具:身体を簡単に洗えるウォッシュタオルなども。
  • :オプションで。軽いもの!
  • カメラのバッテリー/チャージャー:すべての宿泊地に電気があるわけではないので、充電した予備のバッテリーをご用意いただき、携帯されたほうが安心です。
  • 手指消毒液、アルコールジェル:風邪、咳、胃腸炎などのリスクを最小限にするために。
  • その他のファーストエイド/薬
    • 胃腸薬
    • 抗ヒスタミン薬、目薬、痛み止めなど
    • コットンパッド(傷口の洗浄)イソジンゲル
    • 個人の常備薬
  • ウェットティッシュ:素早く簡単に使えて便利。
  • 経口補水塩:1Lの塩水を作ることができるパックが、カトマンズで1袋10セントで購入可。
  • ウォーターボトルNalgeneなど、耐熱性で1L容量のもの。
  • ワセリン:摩擦や靴擦れ予防に。


  • 石けんはビニール袋に入れて。
  • お気に入りのティーバッグをお持ちください。
  • 保温性のあるカップやマグをお持ちでしたら、飲み物が冷めにくくお勧め。